« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月22日 (土)

クレイグ・ブリュワー

ブラック・スネーク・モーン(2006)

ハッスル&フロウ(2005)

緊急逃亡(2002)
  2005年アカデミー賞主演男優賞ノミネート & 最優秀歌曲賞受賞!!
世界中の観客を心酔させた音楽映画の新たな傑作!
負け犬だった男に訪れた運命のラスト・チャンス。湧き上がる魂のラップが世界中を熱狂で包み込む!!       

ハッスル&フロウ DVD ハッスル&フロウ

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

THE COPACABANA SESSIONS/LIVE at NAEBA 06(DVD付) [CD+DVD]

Music THE COPACABANA SESSIONS/LIVE at NAEBA 06(DVD付)

アーティスト:沼澤尚 マルコス・スザーノ
販売元:インポート・ミュージック・サービス
発売日:2007/09/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する


THE COPACABANA SESSIONS/LIVE at NAEBA 06(DVD付) [CD+DVD]

0年代にジルベルト・ジルのグループメンバーとして一躍脚光を浴びて以来、ブラジル発の主要音楽には必ずといっていいほど名を連ねる、世界一のパンデイロ (ブラジルの伝統楽器)演奏者マルコス・スザーノ。そして、チャカ・カーンやネッド・ドヒニー、井上陽水、椎名林檎、中島美嘉など数えきれないほどの ミュージシャンたちのツアーやレコーディングに参加している日本屈指のドラマー沼澤尚。もはや国や文化という概念すら存在しない2人に、ダブ・ミキサーの 内田直之(DRY&HEAVY)が参加した最強ユニット「ネニューマ・カンサォン,ソー・ムジカ」の第二弾となるCD&DVDセットが登 場。トータルで2時間を超える大作は、ファンならずとも見逃さずにはいられない! なお、個性的なジャケットはキャンドルアーティストの CandleJUNEがデザインした。

P_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東村あきこ「ひまわりっ~健一レジェンド」

ひまわりっ~健一レジェンド~ 3 (3) Book ひまわりっ~健一レジェンド~ 3 (3)

著者:東村 アキコ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本民藝館「特別展 白磁と染付」

http://www.mingeikan.or.jp/home.html
7月3日−9月24日
白磁とは、白色 の素地に透明釉を掛け高火度で焼成した磁器を指し、古来陶磁器の中でもとりわけ珍重されてきた焼物です。この焼物が中国において初めて出現したのは北斉時 代(6世紀後半)のこと。その後、白磁を作る技法は東アジアに伝播しながら発達していきました。一方、白磁の素地に呉須を用いて文様を描き、釉薬を掛けた 染付磁器の生産は、中国の元時代後半の14世紀初頭に景徳鎮窯において本格的に開始されました。そして、この染付(中国および朝鮮では「青花」と呼ぶ)の 登場は、中国陶磁史に大きな変革をもたらしただけでなく、ベトナム・朝鮮半島・日本など東アジア各地に大きな影響を与えることとなり、またトルコやイラン などのイスラーム陶器や、ヨーロッパの陶磁文化にも影響を及ぼしました。本展では、日本民藝館が所蔵する「白磁と染付」の中から、楚々とした気品とおおら かさを併せ持った朝鮮王朝(李朝)時代の白磁と染付、親しみを醸し出す白肌と多彩な文様によって生活に彩りを添えた江戸時代の伊万里の染付、中国明時代末 期に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付など、約150点の優品を選び展示いたします。

「藍と白」の色によって織りなされた、それぞれに固有の趣きを表す「形」と「文様」の魅力をお楽しみいただければ幸いです。

1edoperiod19thcenturywhiteporcelain

※なお、会期中下記の日程で旧柳宗悦邸を公開しております。

公開日:毎月第2・第3水曜日と第2・第3土曜日
時間:10時−16時30分(入館は16時迄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルネスト・ネト展

エルネスト・ネト展

                                                                                                     
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/ 財団法人ミモカ美術振興財団では、国際的にめざましい活躍を
続けるブラジル人アーティスト、エルネスト・ネト(Ernesto Neto)の日本国内で初めてとなる大規模
な個展を開催します。

2007年7月15日(日)−10月8日(月・祝)

                                                                                                     
ルネスト・ネトは、1964 年にブラジル・リオデジャネイロに生まれました。1980                   年代後半より作品
の発表を始め、伸縮性にすぐれた薄い布地を用いた有機的な形態のオブジェや、そのオブジェで
構成されたインスタレーション作品で注目を集めます。
                                                                                                     
1950 年代末にブラジルで興った「新具体主義運動」の影響を受けたエルネスト・ネトは、作品と鑑
賞者との双方向の関係性を重視しており、鑑賞者が実際にその作品の内部に入り直接触れて体
感する作品を数多く制作しています。
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フアン ルルフォ「ペドロ・パラモ (岩波文庫)

Book ペドロ・パラモ (岩波文庫)

著者:フアン ルルフォ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1980年にスペイン語圏の作家や批評家たちへ、ラテ ンアメリカ文学の最良の作品を選んでもらったら、この「ペドロ・パラモ」とガルシア=マルケスの「百年の孤独」がトップの座を 分かち合った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーホフ・ユモレスカ 2 (2)

チェーホフ・ユモレスカ 2 (2) Book チェーホフ・ユモレスカ 2 (2)

著者:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島 信夫墓碑銘 (講談社文芸文庫 こA 6)

墓碑銘 (講談社文芸文庫 こA 6) Book 墓碑銘 (講談社文芸文庫 こA 6)

著者:小島 信夫
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死ぬのは法律違反です―死に抗する建築:21世紀への源流

死ぬのは法律違反です―死に抗する建築:21世紀への源流 Book 死ぬのは法律違反です―死に抗する建築:21世紀への源流

著者:河本 英夫,稲垣 諭,荒川 修作,マドリン・ギンズ
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樫村愛子

ネオリベラリズムの精神分析―なぜ伝統や文化が求められるのか (光文社新書 314) Book ネオリベラリズムの精神分析―なぜ伝統や文化が求められるのか (光文社新書 314)

著者:樫村 愛子
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木理策「熊野、雪、桜」東京都写真美術館

http://syabi.com/details/suzuki.html

鈴木理策は1963年和歌山県に生まれ、自らの故郷であり聖地でもある熊野やその周辺、   日常生活から続いていく場としての聖地などをモチーフにした写真作品を制作し、そのライフワーク的作品が評価され、2000年に木村伊兵衛賞、2006年には東川賞 国内作家賞、和歌山県文化勲章 文化奨励賞を受賞。   2003年、ヒューストン美術館のグループ展出品、2006年、ニューヨークでの個展など、国際的な活動の場を広げていきました。   今回は、現在も継続して撮り続けている「熊野」や代表作「桜」を紹介するとともに、初公開となる雪をモチーフにした新作も展示いたします。

鈴木理策熊野、雪、桜 Book 鈴木理策熊野、雪、桜

著者:鈴木 理策
販売元:淡交社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京大学「ノイズ文化論」講義 宮沢章夫

  「美しい国」「品格ある国家」「格差社会」の陰で排除される〈ノイズ〉とは、なにか。
大好評「80年代地下文化論」に続き、宮沢章夫がまたも東大駒場キャンパスの密室で悩み、思い出しつつ語る「見返りのない講義録」。
ゲスト●岡田斗司夫(オタキング)/原宏之(バブル文化論)/土屋敏男(元・T部長)/足立正生(幽閉者)    

東京大学「ノイズ文化論」講義 Book 東京大学「ノイズ文化論」講義

著者:宮沢章夫
販売元:白夜書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県立近代美術館"アントニン&ノミエ・レーモンド"展

□会期:9/15-10/21(2007)
休館日  9月18日(火曜)、25日(火曜)
10月1日(月曜)、9日(火曜)、15日(月曜)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料 一般 1000円(団体900円)
20歳未満・学生 850円(団体750円)
65歳以上 500円
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2007/raymond/index.html
アントニン・レーモンド(1888−1976)とノエミ・ペルネッサン・レーモンド(1889−1980)夫妻。それぞれの土地固有の特徴や材料、生活条件に基づいた建築、家具、テキスタイルなどのデザインは、日本の美的伝統に対する、新しい眼差しと理解の可能性を指し示し、きわめて創造的なヨー ロッパ、アメリカ、東洋の「綜合」を果たした。二人の試みは、モダニズムへのもうひとつのアプローチを生き生きと提示している。
200点を超す図面、写 真、模型、家具、テキスタイル、絵画、彫刻、ビデオなどによって紹介。またレーモンドの日本の近代建築の発展に対する貢献を理解するため、彼の下で建築家としての出発をとげた前川國男、吉村順三、増沢洵、ジョージ・ナカシマらの作品もあわせて紹介する。
W02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

沖縄料理 裏 なんくるないさ

http://gody-s.com/nankuru-top.htm
東京都港区新橋4-18-4

Nanclue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOLESKINE ノート

http://www.ginzayoshida.co.jp/index.htm

ポケットサイズ スクエア ノートブック

1890円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »