Art

2008年3月30日 (日)

中西夏之新作展 絵画の鎖・光の森

松濤美術館

会期  2008年(平成20年)4月8日(火)〜5月25日(日)
中西夏之(東京生まれ、1935年〜)は、現在のわたしたちにとって絵画がどんな存在でありうるかを根源的に問い続ける画家です。 華麗な筆致と光に満ちた色彩でなりたつ画面を制作し、高い評価を受けてきました。 本展では画家が近年取り組んできた未発表絵画、ドローイングなどを展示し、中西夏之の豊穣で新鮮な魅力を紹介致します。

日時 4月19日(土) 14時から

講師 美術評論家・大原美術館館長 高階秀爾氏

20080408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

劇団山縣家 共催:BankART1929 こたつカフェライブ

ご家族が出演しておられる劇団「劇団山縣家」

        3月29日(土)劇団山縣家

http://www.bankart1929.com/
出演:やまがたひろとも、山縣太一、山縣恵子+a 世の中は不可思議な事が平然と起きる。だから、たとえば、 寸劇家族というのがあってもいい。今夜も夜な夜なコー ヒー・ビールを飲みながら雑談をしている雑談をしているうち に熱をおびそれぞれが互いに憑依し合い。そのうち寸劇が ピョコッと顔を出す。 1999年「地上生活講座」2000年「日ノ出家の人々」をST スポット・スパーキングシアターにて上演。02年「不思議の 国のアリでス」03年「毎日誰かの誕生日」04年「不連続 恋愛事件」を横浜アートライブにて上演。中野成樹氏演出 「オールジャパン演劇フェスティバル」に山縣家一同が参 加。昨年「ホームビデオ」をSTスポットサマーホック06年に て上演。現在、生涯学習講師として児童・学生・障害者 にたのしい演劇̶演劇あそびをボランティア指導している。 ◎ 料金:2,000円(1ドリンク付き) ◎ チケット予約・問い合わせ:BankART1929& 劇団山縣家(090-9806-5286) 主催:劇団山縣家 共催:BankART1929 こたつカフェライブ」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月25日 (日)

ブルーノ・ムナーリ展覧会

生誕100年! ブルーノ・ムナーリ

東京・汐留のShiodomeitaliaクリエイティブ・センターで、「ブルーノ・ムナーリ展 しごとに関係ある人 出入り おことわり」が2008年1月27日(日)まで。
http://www.shiodomeitalia.com/

東京の板橋区立美術館では、2007年12月1日(土)から「生誕100年記念 ブルーノ・ムナーリ あの手 この手」展が開かれます(2008年1月 14日〔日〕まで)。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/schedule/e2007-05.html

東京の武蔵野美術大学美術資料図書館では、2007年11月12日(月)から12月15日(土)まで、「Danese:プロダクトの編集者」展。
http://www.musabi.ac.jp/library/muse/tenrankai/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

日本民藝館「特別展 白磁と染付」

http://www.mingeikan.or.jp/home.html
7月3日−9月24日
白磁とは、白色 の素地に透明釉を掛け高火度で焼成した磁器を指し、古来陶磁器の中でもとりわけ珍重されてきた焼物です。この焼物が中国において初めて出現したのは北斉時 代(6世紀後半)のこと。その後、白磁を作る技法は東アジアに伝播しながら発達していきました。一方、白磁の素地に呉須を用いて文様を描き、釉薬を掛けた 染付磁器の生産は、中国の元時代後半の14世紀初頭に景徳鎮窯において本格的に開始されました。そして、この染付(中国および朝鮮では「青花」と呼ぶ)の 登場は、中国陶磁史に大きな変革をもたらしただけでなく、ベトナム・朝鮮半島・日本など東アジア各地に大きな影響を与えることとなり、またトルコやイラン などのイスラーム陶器や、ヨーロッパの陶磁文化にも影響を及ぼしました。本展では、日本民藝館が所蔵する「白磁と染付」の中から、楚々とした気品とおおら かさを併せ持った朝鮮王朝(李朝)時代の白磁と染付、親しみを醸し出す白肌と多彩な文様によって生活に彩りを添えた江戸時代の伊万里の染付、中国明時代末 期に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付など、約150点の優品を選び展示いたします。

「藍と白」の色によって織りなされた、それぞれに固有の趣きを表す「形」と「文様」の魅力をお楽しみいただければ幸いです。

1edoperiod19thcenturywhiteporcelain

※なお、会期中下記の日程で旧柳宗悦邸を公開しております。

公開日:毎月第2・第3水曜日と第2・第3土曜日
時間:10時−16時30分(入館は16時迄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルネスト・ネト展

エルネスト・ネト展

                                                                                                     
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/ 財団法人ミモカ美術振興財団では、国際的にめざましい活躍を
続けるブラジル人アーティスト、エルネスト・ネト(Ernesto Neto)の日本国内で初めてとなる大規模
な個展を開催します。

2007年7月15日(日)−10月8日(月・祝)

                                                                                                     
ルネスト・ネトは、1964 年にブラジル・リオデジャネイロに生まれました。1980                   年代後半より作品
の発表を始め、伸縮性にすぐれた薄い布地を用いた有機的な形態のオブジェや、そのオブジェで
構成されたインスタレーション作品で注目を集めます。
                                                                                                     
1950 年代末にブラジルで興った「新具体主義運動」の影響を受けたエルネスト・ネトは、作品と鑑
賞者との双方向の関係性を重視しており、鑑賞者が実際にその作品の内部に入り直接触れて体
感する作品を数多く制作しています。
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木理策「熊野、雪、桜」東京都写真美術館

http://syabi.com/details/suzuki.html

鈴木理策は1963年和歌山県に生まれ、自らの故郷であり聖地でもある熊野やその周辺、   日常生活から続いていく場としての聖地などをモチーフにした写真作品を制作し、そのライフワーク的作品が評価され、2000年に木村伊兵衛賞、2006年には東川賞 国内作家賞、和歌山県文化勲章 文化奨励賞を受賞。   2003年、ヒューストン美術館のグループ展出品、2006年、ニューヨークでの個展など、国際的な活動の場を広げていきました。   今回は、現在も継続して撮り続けている「熊野」や代表作「桜」を紹介するとともに、初公開となる雪をモチーフにした新作も展示いたします。

鈴木理策熊野、雪、桜 Book 鈴木理策熊野、雪、桜

著者:鈴木 理策
販売元:淡交社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県立近代美術館"アントニン&ノミエ・レーモンド"展

□会期:9/15-10/21(2007)
休館日  9月18日(火曜)、25日(火曜)
10月1日(月曜)、9日(火曜)、15日(月曜)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料 一般 1000円(団体900円)
20歳未満・学生 850円(団体750円)
65歳以上 500円
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2007/raymond/index.html
アントニン・レーモンド(1888−1976)とノエミ・ペルネッサン・レーモンド(1889−1980)夫妻。それぞれの土地固有の特徴や材料、生活条件に基づいた建築、家具、テキスタイルなどのデザインは、日本の美的伝統に対する、新しい眼差しと理解の可能性を指し示し、きわめて創造的なヨー ロッパ、アメリカ、東洋の「綜合」を果たした。二人の試みは、モダニズムへのもうひとつのアプローチを生き生きと提示している。
200点を超す図面、写 真、模型、家具、テキスタイル、絵画、彫刻、ビデオなどによって紹介。またレーモンドの日本の近代建築の発展に対する貢献を理解するため、彼の下で建築家としての出発をとげた前川國男、吉村順三、増沢洵、ジョージ・ナカシマらの作品もあわせて紹介する。
W02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

建築家/白井晟一

    白井晟一空間読解―形式への違犯 Book 白井晟一空間読解―形式への違犯

    著者:安原 盛彦
    販売元:学芸出版社
    Amazon.co.jpで詳細を確認する

  1. 雲伴居 : 写真集 / 白井晟一 [作] ; 白井晟一研究所著 ; 古館克明撮影. --
    筑摩書房, 1993
  2. 懐霄館 : 白井晟一の建築 / 白井晟一〔ほか〕著. -- 中央公論社, 1980
  3. 顧之居書帖 / 白井晟一[書] ; 2. -- 形象社, 1976
  4. 白井晟一スケッチ集 / 白井晟一, 白井◆U6631◆磨著. -- 同朋舎出版, 1992
  5. 親和銀行大波止支店 / 白井晟一 [作]. -- 同朋舎出版, 1984. -- (世界建築
    設計図集 ; 5)
  6. 石水館 : 建築を謳う / 白井晟一〔著〕 ; 塩屋宋六編著. -- かなえ書房, 19
    81
  1. 白井晟一 : 建築とその世界. -- 世界文化社, 1978
  2. 白井晟一 / SD編集部編. -- 鹿島出版会, 1978. -- (現代の建築家)
  3. 白井晟一. -- 三一書房, 1970. -- (現代日本建築家全集 / 栗田勇編著 ; 9)
  4. 白井晟一 / SD編集部編. -- 鹿島出版会, 1976. -- (現代の建築家)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家/篠原一男

Book 住宅論 (SD選書 49)

著者:篠原 一男
販売元:鹿島出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

建築家・篠原一男―幾何学的想像力 Book 建築家・篠原一男―幾何学的想像力

著者:多木 浩二
販売元:青土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

11の住宅と建築論<11 ノ ジュウタク ト ケンチクロン>. -- (BN05588288)
  東京 : 美術出版社, 1976
  180p(おもに図) ; 25×25cm. -- (篠原一男 / 篠原一男著 ; 2)

篠原一男 / 篠原一男著<シノハラ カズオ>. -- (BN14734449)
  東京 : TOTO出版, 1996.7
  413p ; 31×31cm
  注記: 文献一覧: p398-405

  ISBN: 4887061390

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家/坂本一成

  1. 坂本一成 : projects 1984-1985. -- 同朋舎, 1986. -- (現代建築 : 空間と
    方法 / 土井鷹雄 [ほか] 編 ; 10)

  2. 坂本一成住宅-日常の詩学 = Kazunari Sakamoto house: poetics in the ordi
    nary / 坂本一成著 ; ギャラリー・間企画・編集 ; John Montag [英訳]
    . --
    TOTO出版, 2001
坂本一成 住宅-日常の詩学 Book 坂本一成 住宅-日常の詩学

著者:坂本 一成
販売元:TOTO出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

構成形式としての建築―「コモンシティ星田」を巡って Book 構成形式としての建築―「コモンシティ星田」を巡って

著者:坂本 一成
販売元:INAX出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art | Cinema | Design | Food | Music | Others | Text | Travel